自然環境にやさしいごみ処理施設

環境の保全

環境の保全

●公害防止装置
ダイオキシン類をはじめとする有害物質の排出を抑制し、公害防止に努める施設とするため、高度な排ガス処理設備を設けるとともに、排ガスの状況を監視します。
項  目 自主基準値 国の基準値
ばいじん 0.02g/m3N以下 0.08g/m3N以下
硫黄酸化物    30ppm以下 約2,000ppm以下
塩化水素    50ppm以下 約 430ppm以下
窒素酸化物    70ppm以下    250ppm以下
ダイオキシン類 0.1ng-TEQ/m3N以下 1ng-TEQ/m3N以下
●太陽光発電(リサイクル施設)
管理棟の屋上に太陽光発電設備(定格出力20kw)を設置し、自然エネルギーの有効活用によるCO2排出量削減を図っています。
●クローズドシステム
施設内から発生する排水(ごみピット汚水、プラント排水、生活排水)は、炉内への噴霧や高度な排水処理を行った後、プラント用水減温塔の噴霧水として全量再利用することで、施設外に排出することはありません。
●液化天然ガス(LNG)の使用
施設全体でCO2を削減するため、ガス化炉の立上げ時の助燃に液化天然ガス(LNG)を使用します。
image3 ★減温塔排ガスを冷却してバグフィルタへ送るために適した温度に調整します。
image2 ★バグフィルタ排ガス中のばいじん・塩化水素・硫黄酸化物・ダイオキシン類は、この装置によって取り除きます。
image1 ★触媒反応塔装置入口にアンモニア水を吹き込み、触媒を介して、排ガス中に含まれる窒素酸化物を取り除きます。

お電話でもお問い合わせください。 TEL 0285-81-1244

PAGETOP
Copyright © 芳賀地区エコステーション All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.