所在地

〒321-4305
栃木県真岡市荒町107-1
TEL 0285-82-3161
FAX 0285-83-3764

業務開始
昭和46年4月 1日
現在地移転
昭和51年5月20日
復旧及び関連工事竣工
平成25年3月25日
建  物
鉄筋鉄骨コンクリート造6階建(訓練塔含む)
敷地面積
5247.4㎡
延べ面積
2881.0㎡
職  員
49名(1係24名、2係24名、署長1名)
配備車両
救急自動車2台
化学消防ポンプ自動車1台
水槽付消防ポンプ自動車2台
消防ポンプ自動車1台
梯子付消防ポンプ自動車1台
救助工作車1台
資器材運搬車1台
指揮車1台
署連絡車1台
査察車2台
その他(連絡車2台)

配備車両

真岡救急1

急病人や事故による負傷者を運ぶ自動車で、救急救命士が同乗し、高度な救命処置をおこなうための資器材を積載しています。

分   類
高規格救急自動車
運用開始
平成21年11月
車   体
トヨタ自動車

真岡救急2

急病人や事故による負傷者を運ぶ自動車で、救急救命士が同乗し、高度な救命処置をおこなうための資器材を積載しています。

分   類
高規格救急自動車
運用開始
平成19年11月
車   体
トヨタ自動車

真岡化学1

車体に1500リットルの水と500リットルの泡消火薬剤を積載しており、普通の建物火災などのほかに危険物火災などに出動します。
分   類
化学消防自動車
運用開始
平成29年2月
車   体
日野自動車

真岡タンク1

車体に2000リットル入りの水槽とCAFS(圧縮空気消火装置)を備えている車両です。
分   類
水槽付消防ポンプ自動車
運用開始
平成26年12月
車   体
日野自動車

真岡タンク2

火災現場の近くで消火作業を行う消防車で、車体に1800リットルの水を積載しており、すばやい消火作業が可能です。
分   類
水槽付消防ポンプ自動車
運用開始
平成9年3月
車   体
日野自動車

真岡ポンプ1

消火栓や防火水槽、河川などに部署し、火災現場近くの消防車に水を送ったり、直接消火活動を行う消防自動車です。
分   類
消防ポンプ自動車(4輪駆動)
運用開始
平成23年3月
車   体
トヨタ自動車

真岡梯子1

主に3階以上の高層建築物などの火災で、逃げ遅れた人の救助や消火活動を行うための消防自動車です。このはしご車は地上35mまで届きます。さらに、はしごの先端が屈折することでよりスムーズな救助活動を可能にしました。
分   類
梯子付消防ポンプ自動車
運用開始
平成30年1月
車   体
日野自動車

真岡救助1

クレーンやウインチの他に各種の救助資器材が積載してあり、火災や交通事故を始めとするあらゆる災害現場で、挟まれた人や逃げ遅れた人などを救助するときに出動します。照明装置も積載しているので、夜間の火災のときにも出動します。

分   類
救助工作車
運用開始
平成11年3月
車   体
日野自動車

真岡資材1

災害現場での消防活動に必要な各種資器材を搬送する車両です。通常は救命ボートを積載しています。
分   類
資器材運搬車
運用開始
平成16年9月
車   体
日野自動車

真岡指揮1

各種災害に出動し、現場の情報収集や指揮活動を行います。
分   類
指揮車
運用開始
平成24年12月
車   体
トヨタ自動車

真岡広報1

署々間の連絡や人員・資器材搬送に使用します。
分   類
署連絡車
運用開始
平成10年1月
車   体
日野自動車

真岡査察1

建物や危険物施設などの消防用設備等の検査、訓練、指導、災害現場の調査活動に出動する車両です。
分   類
査察車
運用開始
平成26年11月
車   体
ダイハツ工業

真岡査察2

建物や危険物施設などの消防用設備等の検査、訓練、指導、災害現場の調査活動に出動する車両です。
分   類
査察車
運用開始
平成25年8月
車   体
スズキ自動車

救急普及啓発広報車

救命の技術を実践的かつ効果的に指導するために、心肺蘇生法訓練人形やAED、大型液晶モニタ、119番通報訓練装置、展示用展開ステージを備えた車両です。
分   類
広報車
運用開始
平成28年11月
車   体
日産自動車