消 防 本 部 の あ ゆ み                 1・ 
昭和45年    1月 広域市町村圏の設定を芳賀郡市(真岡市・二宮町・益子町・茂木町・市貝町・芳賀町)が受け、芳賀地区広域行政推進協議会を発足。
昭和46年  1月19日 消防庁に対し、消防本部、署、義務設置政令指定の陳情書の提出。
 4月 1日 栃木県知事より、芳賀地区広域行政事務組合設立の許可を受け、組合設立をするとともに、消防本部の発足。真岡市消防本部から組合消防本部に移行(普通消防ポンプ自動車、水槽付消防ポンプ自動車2台、救急車、指令車、人員35名)職員17名採用、実人員52名となる。
 5月25日 真岡消防署に査察車配備。
 6月 1日 職員8名採用、実人員60名となる。
 7月 1日 職員2名採用、実人員62名となる。
昭和47年  1月10日 職員6名採用、実人員68名となる。
 2月10日 茂木町役場内に真岡消防署茂木分署仮事務所を置き、救急自動車配備、職員6名で救急業務を開始する。
 3月16日 真岡消防署茂木分署竣工。
 3月23日 仮事務所から茂木分署に移転。基地局無線の開局。
 3月30日 真岡消防署芳賀分署竣工。
 3月31日 真岡消防署益子分署竣工。
 4月 1日 職員41名採用。実人員109名となる。茂木分署に普通消防ポンプ車を配備し、職員13名増員、人員19名となる。
 4月10日 芳賀分署に普通消防ポンプ自動車を配備し、職員13名増員、消防業務を開始する。基地局無線の開局。
 5月10日 職員1名採用、実人員110名となる。
 6月13日 芳賀分署に救急自動車配備、職員6名増員、人員19名となる。
 6月20日 益子分遣所に水槽付消防ポンプ自動車、救急自動車を配備、職員18名配備し、消防業務を開始する。
 6月21日 茂木分署に連絡車配備。
 6月22日 芳賀分署に連絡車配備。
10月 1日 職員8名採用、実人員116名となる。
12月 1日 二宮町役場内に真岡消防署二宮分遣所仮事務所を置き、水槽付消防ポンプ自動車配備、職員10名で消防業務を開始する。
昭和48年  1月 1日 職員4名採用、実人員120名となる。
 1月18日 真岡消防署二宮分遣所竣工。
 1月23日 仮事務所から二宮分遣所に移転、救急自動車配備。
 4月 1日 職員18名採用、実人員135名となる。二宮分遣所に職員8名増員、人員18名となる。
 6月28日 真岡消防署に指令車配備。
 7月 5日 真岡消防署に救急自動車配備。(栃木県共済農業協同組合連合会寄贈)
12月27日 茂木分署に水槽付消防ポンプ自動車配備。
昭和49年  1月19日 真岡消防署に水槽付消防ポンプ自動車配備。
 3月30日 益子分遣所会議室増築工事竣工。
 4月 1日 職員14名採用、実人員143名となる。
 4月11日 芳賀分署に職員8名増員、人員27名となる。
12月 3日 茂木分署に職員8名増員、人員27名となる。
12月26日 真岡消防署に梯子付消防ポンプ自動車配備(24m級)
昭和50年  4月 1日 職員9名採用、実人員150名となる。
本部紹介トップへ   トップページへ             1・