一般に体内の血液の20%が急速に失われると「出血性ショック」という重篤な状態になり、30%を失えば生命に危険を及ぼすといわれています。したがって、出血量が多いほど、止血手当を迅速に行う必要があります。
出血時の止血法としては、出血部位を直接圧迫する直接圧迫止血法が基本です。

直接圧迫止血法

① 出血部位を確認します。

② 出血部位を圧迫します。

● きれいなガーゼやハンカチ、タオルなどを重ねて傷口に当て、その上を手で圧迫します。
● 大きな血管からの出血の場合で、片手で圧迫しても止血できないときは、骨の方向に向かって、両手で体重を乗せながら圧迫止血を行います。

Point

 

・止血の手当を行うときは、感染防止のため血液に直接触れないように、できるだけビニール手袋、ゴム手袋やビニール手袋を使用します。
・出血を止めるために手足を細い紐や針金で縛ることは、神経や筋肉を損傷するおそれがあるので行いません。
・出血部位と圧迫部位のずれや、圧迫する力が弱くならないよう注意します。